食事記録をつけることの重要性

昔も今も変わらないダイエットには効果的な手法の1つに「記録をつけること」があります。記録をつけることはダイエットにおいては非常に重要であり、効果的なことです。ダイエットを成功させるには自己変容が不可欠です。

食生活を客観的に見る

昔も今も変わらないダイエットには効果的な手法の1つに「記録をつけること」があります。記録をつけることはダイエットにおいては非常に重要であり、効果的なことです。

ダイエットを成功させるには自己変革が不可欠です。自分を見つめ直し、自分自身に変わる意志がなければダイエットは成功できません。価値観や考え方、食生活や生活習慣など。

食生活や生活習慣を客観的に見るために記録をつけることは非常に効果的なのです。記録をつけると聞くと古いダイエット法のように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。そもそも記録をつけることはダイエットを効果的に行うための道しるべのようなものです。

つまり地図みたいなものです。行きたいところがあればあなたも地図やナビを使いますよね。その方が無駄なく合理的です。記録はそうカロリー摂取量とかそんなに細かくなくて構いません。

  • 口に入れたもの時間帯、その背景
  • 体を動かした内容と時間帯

この2つで大丈夫です。現在はアプリなどでも記録をつけるものもありますのでそういったものを活用するのもいいと思います。

記録をつけることのメリット

無意識の過食や余計なカロリー摂取が分かる

何気なく噛んだガムや飴、ちょっとした飲み物など、自分では無意識に余計なカロリーを摂取していることはよくあります。

自分の食べているものの傾向が改めてわかる

自分ではバランスよくと意識していても記録をつけてみてみると食品や栄養の偏りがよくわかります。

日常行動の中の太りやすいクセが見つかる

自分では「歩いているつもり」「階段を使っているつもり」とつもりになっていることはよくあります。また何かをしながらの「ながら食い」、忙しくて時間が不規則な食事やまとめ食いなど太りやすい食事パターンとその背景を確認できあmす。

 

記録をつけることは、それ自体が痩せる効果はありません。しかし正しくダイエットを成功する重要なカギとなります。

 自分が太る原因を的確に把握していますか?

太っている人のライフスタイルを観察すると必ずその中に太る(太った)原因をを見つけることができます。誰でも自分の生活習慣の特徴は自分自身が1番よくわかっていると思いがちです。

「食べ過ぎているから太るんだ」
「運動量が少ない」
「間食してしまう」

しかし実際に記録をつけてみていただくと驚くほど多くの原因を見落としていることに気がつきます。自分自身の生活習慣を客観的な視点で分析できるかどうか、ここがないとダイエット成功させることはできません。

記録をつけることの最大の目的は長年の間に無意識に身についてしまった食生活や生活習慣を把握することです。記録をつけることはシンプルで古典的な作業ですが、(だからこそしんどい部分もありますが)ダイエットにおいて最も重要な「自分を知る」良い方法です。

最初から完璧に記録をつけようとせずに気楽に取り組んでみてください。必ずあなたのダイエットを成功させるナビになってくれますので。