40代のダイエットでは何キロくらい落とすのが理想的?

ダイエット時には誰でも「何kg痩せたい」希望があります。その数値は主観的なものではなく、客観的な事実に基づいていることが大切です。40代からのダイエットでよく起きる「痩せたけど老けた」「貧相になった」こういったトラブルを避けるためにも理想の体重について考えてみたいと思います。

1.40代の理想の体重は?

ダイエットの時、「何キロくらいになりたい」と言う願望があると思います。また「何キロくらい痩せるのが一番キレイになるかな?」と疑問に思うこともありませんか?

40代になると体重を落としすぎたくない(痩せすぎ)と思っている女性も多いものです。40代になってダイエットをした時、体重を落としすぎたりすると(痩せ方にもよります)貧相に見えたり、老けた感じになってしまったり・・、そんな不安ありますよね。

20代など若い時はとにかく体重を落としたいと考えていても40代になるとただ体重を落とすのではなく「キレイに痩せたい」「老けた痩せ方はしたくない」そういった考えが強くなりませんか?

間違った食事制限は老化の大きな原因になります⏩見た目が老ける痩せ方をしてしまう人の食事の特徴

2.体重の基準「BMI」とは?

ダイエットの時、何を基準に落としたい体重を決めていますか?

  • 以前の(若い頃の)体重?
  • なんとなく感覚で?
  • 何か特定の意味があって?

以外と多くの女性が主観で決めてしまっています。まず体重を判断するのに重要なのはBMIです。BMIとは身長に対する体重の割合です。体重を考える上で身長が一番の指標になりますよね?

身長が高い方がその分体重も多いのが普通ですから。自分(体重が)が太っている、太っていない判断も主観的なものではなく、BMIで確認することが大切です。(もう一つは体脂肪率)

2ー2.BMIの計算方法

BMIの計算は体重kg ÷ (身長m)2になります。逆に目標のBMIで算出するには(身長m)2×BMIの数値
になります。
(例)あなたが160cm、65kgの体だとしたら、65kg÷(1、6×1、6)=25、39、BMIは25、4になります。目標体重をBMI22としたら(1、6×1、6)×22=56、3目標体重は56、3kgになります。

計算を簡単にできるサイト
高精度計算サイト

BMIの分類

BMI18、5以下 低体重(少なすぎる)
18、5〜24、9 標準
25、0〜29、9 過体重
30、0〜     肥満

世界的なもので見ている数値になり、
日本人はわりあい小柄な民族ですので、
25以上は肥満と見る考えもあります。
(実際に25以上は太っている、
と考えていいと思います。)

3.体脂肪率

ダイエットをする時、体重とともにもう一つ意識したいのが「体脂肪率」です。体脂肪率とは脂肪が体重に対して占めている割合のことです。勘違いしてしまいやすいのですが、体脂肪量のことではありません。体脂肪率が30%だとしたら体脂肪量が30kgといことではありません。

3ー1.体脂肪率が高くなってしまう原因

体脂肪率が高くなる原因は主に以下の2つです。

  • 体脂肪量が多い
  • 筋肉量が少ない

体脂肪量が多いと体脂肪率が高くなるのは納得だと思いますが、実は筋肉量が少なくても体脂肪率は高くなってしまうのです。体脂肪率は脂肪量が体重に対して占める割合ですので、他の成分(筋肉量や水分量など)によって変動します。

体脂肪量が少なくても筋肉量が少なければ、自然と体脂肪率は高くなってしまうのです。以前「隠れ肥満」という言葉がよく出てきましたが、隠れ肥満とは体脂肪量が少ない割に体脂肪率が高い状態のことなのです。(原因は筋肉量が少ないから)

3ー2.体脂肪率を下げるには

体脂肪率を下げる方法は体脂肪量を下げる事と、筋肉量を増やすことです。体脂肪量を減らす一般的なものは食事制限と有酸素運動などの消費カロリーの効率が良い運動を行い1日当たりの摂取カロリーと消費カロリーの差額を作っていくことです。

大切なのは体脂肪量を減らすと同時に筋肉量を増やすことです。40代から綺麗に痩せるためにはこれが不可欠です。

 4.理想の体重は?

BMIが21〜22が理想です。あなたの身長を2乗して21か22をかけた数値です。体重を割り出した時、「こんなに多いの?」「もっと(体重を)落としたい」そう思われるかもしれません。

しかし体型に関してもう1つ忘れてはならないことが体脂肪率です。実は見栄えを決めるのは体重ではなく体脂肪率です。ダイエットは体重を落とすだけの作業ではなく、筋肉量や脂肪量のバランスを整える作業でもあります。※筋肉量や脂肪量のバランスを整えて出る数値が体脂肪率です。

例えば160cm・女性のBMI22は56、3キロです。しかし、同じ56、3キロでも体脂肪率が220%と30%では体型は大きく異なります。同じ身長体重なのに、見た目が全然変わってしまうのです。

BMI21〜22の体重で体脂肪率も落とせていれば非常にキレイで見栄えします。逆に体脂肪率が下がらず(脂肪量が減らず)体重だけが落ちていればキレイに痩せません。キレイな体型になっていないと感じるからもっと体重を落とさないと、という考え方になってしまいます。

あなたもダイエットをする時、まず現在のBMIを確認しどのくらい体重を落とすのか、客観的に判断してください。キレイに痩せるためには主観ではなく客観的に体重を判断することが大切なのです。

そして体重を落とすことだけ考えるのではなく体脂肪率を下げることを考えたダイエットをすることがキレイに痩せる秘訣です。

5.年齢に合ったダイエットの知識がありますか?

人間の体は年齢を重ねるごとに変化していきます。年齢によってダイエットに必要なことの重要性は違うことがあります。20代の時に合っていたダイエット法が40代で合うとは限りません。むしろ合わないはずです。

あなたは自分の年齢に合ったダイエットをしていますか?知識されあれば痩せられるわけではありませんが、知識があることは選択肢が増えることでもあります。

例えば東京から大阪まで行くのに歩きしか移動手段を知らなければ歩いて行くしかありません。しかし自転車という方法も知っていれば「歩いて行くor自転車で行く」選択肢ができます。さらに車、バス、電車、新幹線、ヘリコプター!?など。知っていればいるほど選択肢が広がります。

知識は選択肢の数を増やしてくれます。選択肢が多いほど今の自分に合った方法も見つけやすいですよね?ダイエットでも同じです。なりたい自分になるためには今、自分の中にあるものの中からでしか選択することができません。知っていることしかできないし知らないことはできません。だからこそ、知識は大切なのです。

知識知識といっても専門家のように詳しくなる必要はありません。自分の体に合うダイエットを知っておきたいのです。その大きなくくりわけの1つが年齢です。

特に40代からは体が大きく変化する時期です。痩せにくくもなり太りやすくもなります。ではどうすればいいか?よく世間で言われている「加齢に伴い筋肉量が落ちて代謝が下がったせい、だから筋トレで筋肉量増やして代謝を上げればいい」しかしもしこれでどんなにがんばっても期待する変化がなければどうすればいいでしょうか?

これは40代女性によくありがちなことです。確かに筋力や筋肉量が減ることは代謝が下がる原因の1つです。しかし代謝が下がるのは筋肉量の問題だけではありません。他にも多くの要因が絡んでいます。

それを知っているか知っていないかでダイエット方法も変わりますし大きく成果も変わります。40代女性の体について言えば、太りやすくなる原因は筋肉量の減少だけでなく他にも要因はあります。

  • 体内酵素の減少によるもの
  • 腸や肝臓、腎臓といった内臓の疲弊
  • 筋肉量だけでなく、柔軟性などのトータル的なフィジカル面の低下

筋肉量を増やすだけのアクションだけでなく、腸内環境を整えるアプローチや酵素をより多く代謝に使う方法を実践するだけでもダイエット効果は大きく変化します。

今は色々な情報が散乱していますが、まずは自分の年齢に合った正しい土台となる知識を得てください。あなたの痩せる知識、本当にあなたの体に合っていますか?

6.まとめ

40代からのダイエットは感覚的な体重値ではなくきちんと客観的な視点からどのくらい落とせばいいのかを見て、かつ年齢にあった方法で行っていくことが大切です。

大切な体を間違った方法で傷つけないためにも改めて体重設定から見直してみてください。