太らないチョコレートの種類と食べ方とは

チョコレートは美容や健康に良い食べ物です。本物のチョコレートを正しく食べれば太るどころか身体に良い効用ばかりです。ここでは太るチョコレートと太らないチョコレートの違い、太らず楽しく食べる方法を解説します。

チョコレートは美容に効果的

チョコレートほど誤解されているお菓子は他にないのではないでしょうか。チョコレートは太ると思っている方、チョコレートが体に悪いと思っている方、断言できます。チョコレートは体にいい!チョコレートは太らない!(当たり前ですが食べ過ぎはダメですよ!)

チョコレートが体に良い理由

チョコレートの主原料はカカオマスです。カカオマスは抗酸化作用のあるポリフェノールです。そうチョコレートは抗酸化食品なのです。

チョコレートの効果

  • 抗酸化作用
  • ピロリ菌の殺菌効果
  • 食物繊維やミネラルが豊富
    ※ピロリ菌:胃炎、胃潰瘍、胃がんの原因にもなる胃の中に生息する菌

現在食べているチョコレートが太る原因

こんなに美容、健康に良い成分が豊富なんです。「なんだ、体に良いんだったら我慢しなければよかった・・」と思ってしまいますよね。しかしちょっと待ってください。あなたの食べているチョコレートは体に悪く太るチョコレートではありませんか?現在売られているチョコレートを見てみましょう。

チョコレート、原材料

市販で販売されているチョコレートの多くはミルクチョコレートです。主原料は砂糖、乳製品、カカオマス、ココアバターです。他にも細かく色々と使われていますが主に上記のとおりです。原材料は主成分順に記載されています。写真を見ていただくとわかるのですが、ミルクチョコレートは原材料のトップに砂糖が来ています。その次に大体乳脂です。

チョコレートの主原料は本来カカオマスなのに市販で売られている多くの(ミルク)チョコレートは砂糖、乳製品主成分でカカオマスが少しの砂糖・乳製品菓子チョコレート風味になっているのです。これがチョコレートが太る公式です。あなたは太るチョコレート(体にも悪い)を食べてしまっているのです。

太らないチョコレートはカカオマスが主役

太らないチョコはカカオマスが主原料で作られています。1番良いのはカカオマス100%のチョコレートです。(もしくはプラスココアバター)
カカオ100%チョコレート

現在高カカオチョコレートの商品がいろいろと販売されているようになりました。カカオ〇〇%というような表記でどのくらいかがわかるようになっています。単純に言えばパーセンテージが高いものを選べばいいのですが、必ず原材料をチェックしてカカオマスが1番にきているものを選んでください。砂糖不使用と表記してあっても人工甘味料が使われている場合もあります。原材料をよく見てどんなものが使われているのか確認して買う習慣をつけましょう。
高カカオチョコレート 高カカオチョコレート

チョコレートの太らない食べ方

高カカオチョコレートには1つ問題があります。苦いですよね・・・甘さをつけてはいけないかというとそんなことはありません。甘味の種類が問題なのです。GI値が高い白砂糖ではなく、はちみつやメープルシロップで甘さをつければいいのです。

チョコレートが太る1番の原因は砂糖です。ミルクチョコレートなどに使われている砂糖は血糖値の上昇が高く、さらに使っている量も多いので(主成分なので)結果太るのです。カカオ100%のチョコレートに血糖値の上昇が低い砂糖類(はちみつ・メープルシロップ・ドライフルーツ)で甘さをつけることが太らない食べ方の秘訣です。

カカオマスの脂質

「高カカオチョコレートの方がカロリーが高いから逆に太るよ!」こんな話を聞いて気になっている人もいると思います。それはカカオマスを多く使えば、資質であるココアバターも多くなるからです。
しかし乳脂などを使わなければ、チョコレートに含まれている脂質はココアバターだけです。

ココアバターとはカカオ豆に含まれている脂肪分で、チョコレートのなめらかな口どけもココアバターによるものなのです。脂肪分なので確かにカロリーは高めです。しかし不飽和型の脂肪酸も豊富に含まれており一般的なミルクチョコレートに使われている乳脂よりもはるかに体に良いものです。

実際にミルクチョコレートと高カカオチョコレート同じ量を食べたらどちらが太るかといえば間違いなくミルクチョコレートです。注意点は高カカオチョコでも砂糖が使われていることがある点です。
高カカオの分、砂糖の使用量も多い可能性がありますので、そこはしっかり原材料をチェックして
いきましょう。(原材料に砂糖が記載されているかどうか)

まとめ

太らないチョコレートの食べ方は

  • カカオ100%のチョコレートを選ぶ(砂糖、乳脂不使用)
  • GI値の低い砂糖類で甘さをつける(はちみつ・メープルシロップ・ドライフルーツ)
  • 原材料の表記を確認する

当たり前の事ですが食べ過ぎないことです。たくさん食べれば太ります。カカオ100%(有機なら更に)のチョコレートは決して安くありません。更に自分で手を加えて食べるのですから少しずつ大切に食べていきたいですね。砂糖をたっぷり使って血糖値を急上昇させるチョコレートと違って、少量でも満足できるはずです。今日からチョコを我慢するのではなく、太らない賢い食べ方に変えていきませんか?そのほうが絶対ダイエットは楽しいはずです。

カカオの木は学名で「テオブロマ・カカオ」といいます。テオとはギリシャ語で神、ブロマは食べ物神の食べ物という意味なのです。古くは様々な儀式に使われたり、薬用効果があると、広く万能薬として利用されていたのです。

チョコレートは美容健康に効果的な優れた食品です。間違った情報でチョコレートが太る食べ物と認識されることは悲しいことですし、太ると誤解して我慢しているならなお悲しいです。正しい食べ方でぜひあなたの美容の万能薬として重宝してください。