40代女性に起きがちな加齢臭&体臭の原因と改善方法

加齢臭や汗臭いといった問題はかつて男性特有の悩みとも言えました。しかし現在は女性でも加齢臭や汗などの体臭に悩んでいる人が数多くいます。男性同様女性も40代以降は臭いトラブルは起きやすくなりますが、その原因と改善法について解説します。

1.加齢臭は女性にも起きる

加齢臭とは中年以上の男女に見られる体臭の一種で、もともと人が持っている体の臭いとは違い、加齢に伴い起きる独自の臭いです。加齢臭の正体は「ノネナール」という成分です。

人間の皮膚には毛穴があり、毛穴の中には皮脂腺というものがあります。皮脂腺は皮脂(数種類の脂肪酸)を分泌する器官で水分の蒸発を防いで肌や髪に潤いを保ち守っています。

皮膚断面

分泌される脂肪酸の中でも「9−ヘキサデン酸」という物質が過酸化脂質によって酸化・分解されると「ノネナール」という加齢臭を発生させるのです。

「9−ヘキサデン酸」は40才を過ぎた頃から急激に増加するため、中年以降に臭いが強くなるのです。これは男性でも女性でも同じです。

男性のほうが臭いがきつくなりやすいのは、女性よりも皮脂分泌量が多く、全体的な割合を見ても「喫煙、飲酒、高脂質食」など生活習慣が良くないことが多いからです。(相対的に見て女性の方が身だしなみなど清潔感に気を使っていることもあります)

しかし原因となる「9−ヘキサデン酸」は女性でも分泌されます。現代では食生活や仕事環境の変化などもあり、生活習慣が乱れやすく皮脂分泌量が少ない女性でも加齢臭や体臭を引き起こしやすくなっています。

2.30〜40代女性で加齢臭、体臭を発生させやすい人の特徴

体臭

加齢臭や体臭(汗の臭い)が強くなる人とそうでない人の違いは生活習慣の違いです。加齢臭が起きやすい人の生活習慣には以下のような特徴があります。

  • 栄養バランスが偏った食事
  • 動物性食品(肉類)の摂りすぎ
  • 脂肪分が多い高カロリー食
  • ジャンクフード
  • 運動習慣がない
  • 喫煙
  • 毎日の飲酒
  • 過労やストレスなど

3.女性ホルモンのバランスが崩れると

女性ホルモン

女性の場合、体臭は女性ホルモンのバランスも大きく関わっています。女性ホルモンは皮脂の分泌を抑制する働きがあります(男性ホルモンは皮脂の分泌を促す働きがある)。

40才以降は女性ホルモンバランスの変化(エストロゲン減少)が起き始めます。そうすると加齢臭が発生しやすくなるのです。

女性ホルモンの減少は加齢による自然な現象ですが、上記のような生活習慣の乱れで個人差が出てくるので、生活習慣の見直しが必須となります。

4.40代女性に起きがちな臭いの種類と原因

体臭

加齢臭も含め体臭の種類と原因を見てみましょう。

4ー1.加齢臭

  • 油臭いような臭い

加齢臭は生活環境にもろに直結します。また女性ホルモンの分泌量低下も大きく影響しています。女性ホルモンの分泌が活発であれば、エストロゲンによる抗酸化作用で皮脂の酸化を防ぎ加齢臭が出るのを抑えることができます。しかし更年期以降、女性ホルモンの分泌が低下すれば臭いが発生しやすくなります。

4ー2.過労臭

  • アンモニアのような臭い

肉体的、精神的な疲労が積み重なると、内臓は疲れて機能が弱まっていきます。肝臓はアンモニアを分解する働きがあるので、肝臓の機能が低下するとアンモニアが十分に分解されず血液に乗って全身にめぐってしまいます。そして汗として放出されるのです。

またお酒の飲み過ぎによる肝機能低下も同様に過労臭を発生させる原因となります。

4ー3.ストレス臭

  • 汗の臭いが強くなったもの

ストレスを感じると交感神経が働き(緊張状態)、エクリン腺を刺激して汗が出るようになります。しかしストレスを感じてかいた汗には、本来なら出ないミネラルや乳酸が汗の中に混じります。その汗と皮膚に付着している皮脂や雑菌が混じると強い汗の臭いになるのです。

4-4.便秘臭

  • 便臭

便秘で腸内に溜まり続けた便は腐敗していきます。腐敗に伴い発生した毒素(ガスなど)は血液に乗り全身に行き渡ります。そして汗や呼気として体臭や口臭となって出てしまうのです。

便秘解消について詳しく

4ー5.ケトン臭

  • 酸っぱいような臭い

炭水化物制限など糖質を極端に制限している女性にありがちです。糖質を制限しているとエネルギー源の糖が体に入ってこないため脂質(脂肪酸)をエネルギーとして使うようになります。この脂肪酸から「ケトン体」というものが生成されます(ケトン体は糖に変わるエネルギー源として使われます)。

ケトン体から発される臭いが「ケトン臭」です。臭いとしては酸っぱいような臭いで、身体や口から発されます(体臭、口臭)。糖質制限を行っている人が「自分の体が何か臭い」と感じる人ことがありますが、これがケトン臭です。

ダイエット中でも上手に炭水化物を摂取しましょう⏩正しい炭水化物制限ダイエットとは

5.臭いを発生させやすい場所

  • 頭(頭頂部)
  • 耳の後ろ
  • うなじ
  • 背中
  • 胸元
  • デリケートゾーン

加齢臭を発生させる原因となる皮脂腺は特に上半身に集まっています。意外と知られていませんが顔も皮脂腺が多く加齢臭を発生させやすい場所なのです。

汗に関して言えば全身ということになるのですが、特にアポクリン腺(汗自体にタンパク質や脂質などを臭いの元となる成分を含んでいる)が多い脇やデリケートゾーンが注意が必要です。

6.私は大丈夫?セルフチェック

□肉類や油濃いものを食べることが多い
□加工食品の割合が多い(生鮮食品が少ない)
□外食やコンビニ食中心
□スナック菓子などジャンクフードをよく食べる
□水をあまり飲まない
□便秘症(なりやすい)
□タバコを吸う
□お酒を毎日飲む
□運動をしない
□お風呂はシャワーだけ
□睡眠不足(あるいは就寝起床時間が不規則)
□強いストレスを感じる生活をしている

7.加齢臭&体臭改善方法

汗の臭いトラブル 解決

加齢臭、体臭ともに生活習慣が大きく関わっています。臭いの種類は違えど根底にある問題は日常生活の悪習慣です。生活習慣を見直し、体の内面から整えることが臭い問題解決に最も重要です。

7ー1.食生活

  • 動物性食品を控えめに
  • 油濃くなる調理法を避ける
  • 悪い脂質を摂らない

基本的には上記3点に特に注意しましょう。食生活に関しては色々な情報が出ているので悩んでしまうと思いますが、まずは腸内環境を悪化させない食事を心がけてください。動物性食品は悪玉菌のエサになり腸内環境を悪化させやすくするので控えめにしましょう(週2〜3回)。

脂質に関しては油を摂ることが悪いのではなく、良くない油を摂ることが体臭を悪化させるのです。トランス脂肪酸や酸化した油は避け、亜麻仁油などのオメガ3系、オリーブオイルなどのオメガ9系を摂るようにしましょう。(オメガ9は体内でも作れるので摂りすぎに注意)

■1ー1.良い脂質
オメガ3系の脂質:亜麻仁油、エゴマ油、青魚
オメガ9系の脂質:オリーブオイル

■1ー2.悪い脂質
トランス脂肪酸:マーガリン、スナック菓子などに含まれるショートニング、使い古した油

■1ー3.脂質を抑える調理法
揚げる、炒める→焼く、煮る、蒸す
外食時も揚げ物や炒め物より焼き物、煮物、蒸し物料理を選ぶように意識しましょう。

臭いがきつくなる食べ物にニンニクなどがよく出てきますが、これは単に一時的なものです。体の状態が悪くなり体臭が出るわけではないので根本的な加齢臭や体臭といった悪臭ではありません。

食べることを控えたりなどの必要はありません(特にニンニクは非常に優れた野菜なので積極的に摂取した方が良いです)。ただ臭うことは確かですからブレスケアなどでエチケットの対策はしたほうがいいでしょう。

7ー2.運動

ウォーキング

  • 週2〜3回40〜60分のウォーキング、ジョギング
  • 入浴前もしくは入浴後に10〜15分のストレッチ

運動をすることにより、「汗をかく・ストレス解消」など身体環境を良くしていくことができます。また代謝を高め汗をかきやすい身体を作ることにより、毒素を溜めない体質を作ることができます。⏩ウォーキングに関する記事

注意点はオーバーワークになる程過度な運動を行うと、逆にアンモニアのような過労臭の原因になります。

7ー3.デトックス

毒素を溜め込まないことが一番ですが、日常生活ではどうしたって有害物質は体内に取り込まれます。重要なのはしっかりデトックス(解毒・排毒)することです。

最も効果的なデトックスは「ファスティング」です。その他、日常の食生活では「マグネシウム・亜鉛・セレン」などのミネラル摂取が有効です。

  • マグネシウム:ごま、大豆、小豆、玄米、昆布、わかめ
  • 亜鉛:牡蠣、煮干し、ごま、松の実、焼き海苔、カシューナッツ
  • セレン:鰹節、青魚

また水を飲むことも非常に大切です。「水を飲むと余計汗をかいて臭うんじゃないの?」と思われるかもしれませんが逆です。水をしっかり飲むことでデトックス効果は高まります。また腎臓に負担をかけないためにも水を飲むことは重要になります。

ミネラルウォーター

1日の摂取目安は体重1kg×40~50mlほどです。1L程度は食事などから摂取しますが、目安としては分かりやすく2L(500mlペットボトル4本)水を飲むようにしましょう。⏩その他日常生活でできるデトックスに関して

7-4.抗酸化

酸化している体ほど加齢臭や体臭を強く引き起こします。日常で簡単にできる抗酸化は抗酸化食品を摂ることです。

手軽に摂取できる身近な抗酸化食品

緑茶(カテキン)、ベリー類(アントシアニン)、大豆(イソフラボン)、ごま(セサミン)、トマト(リコピン)、生姜(ジンンゲロール)、チョコレート(カカオ)、スパイス、ハーブ(高ORAC値)

⏩アンチエイジングにおすすめの身近な抗酸化食品6選

7ー5.女性ホルモンバランスを整える

加齢に伴い女性ホルモンの分泌量が減っていくのは仕方のないことです。しかしいかに女性ホルモンバランスが崩れないように気をつけていくかが重要になります。

1.毎朝同じ時間に起床し朝日を浴びる

自律神経を整えることが重要になりますが、自律神経は日照リズムと大きく関係しています。できることなら毎日同じ時間に就寝起床したいところですが、まずは少なくても同じ時間に起床し朝日を浴びる習慣をつけてください。

2.朝食にビタミンCを摂る

女性ホルモンに乱れが生じるのは加齢による身体的な要因もありますが、精神的なストレスも関係します。

女性ホルモンの命令系統の視床下部は、特にストレスの影響を受けやすいため、いかにストレスで疲弊させないかが重要になります。そのためには上手にストレスを発散させることと、ストレスに負けない体を作ることです。

人間の体は朝9時頃にストレス抵抗ホルモン「コルチゾン」を分泌します。コルチゾンの分泌をサポートするのがビタミンCなのです。朝食にビタミンCを摂ることでコルチゾンの分泌を促し、ストレスに強い体にしてくれます。おすすめは果物です。

3.女性ホルモンを増やす働きのある食品を摂る

コレステロール:青魚、アボガド、ナッツなど良い脂質を摂ること
イソフラボン:大豆食品(豆腐、豆乳、納豆など)
ビタミンE:青魚、アボガド、種実類、

4.ストレス発散の方法(趣味)をつくる

生活上、ある程度のストレスがあるのは当たり前のことです。問題はいかに発散できるかです。ストレス発散の方法がまたストレスを生んでしまうようなことがよくありますが、趣味などを作り上手なストレス解消法を作っていきましょう。

5.入浴後のリラクゼーション

夜(20時以降くらい)は副交感神経が優位に働き出す時間帯です。この時間帯は慌ただしいことはせず、極力リラックスすることを心がけてください。好きな音楽やアロマを焚いて楽にストレッチなどをするのもおすすめです。

7-7.汗腺の活性化

発汗

汗の臭いがきつい人は汗腺が退化しており汗が出にくい状態であったりすることがよくあります。運動で汗をかく習慣がなかったり、シャワーだけで湯船に浸からないなど。

また特に夏場で多いですが、汗をかいたとき汗が出るのを嫌い冷房などで一気に引かしてしまうことがありますが、これは汗腺を退化させる非常に良くないことです。同様にお風呂上りにも冷房などで汗を引かしてしまいがちですが、汗腺を退化させて結果的に体臭の原因になってしまうのです。

汗腺を活性化させるにはまず汗をかく習慣をつけていきましょう。日常で手軽にできることは「運動」や「入浴」です。また週に1〜2回銭湯などでサウナに入ることも効果的です。

7ー8.衣服にも注意

洋服

臭いの多くは皮脂や衣服などの雑菌と合わさせることで起こります。どんなに身体に気をつけていても衣服に雑菌などの汚れがあれば汗と混ざり臭ってしまいます。特に運動した時や汗の臭いが気になった時の衣服は

  • 洗濯前に水洗いする
  • お湯でつけおきする(洗剤と一緒に)

などの対策をしましょう。また半乾きなどにも注意が必要です。お湯につけおきする際は粉洗剤や重曹がおすすめです。良い匂いの柔軟剤などを使うのではなく、まず繊維に染み付いた汚れを取らないと根本的な解消にはならないので注意してください。

臭い対策おすすめ洗剤

  • 花王 アタック消臭ストロングジェル
  • 花王 アタック高浸透リセットパワー
  • 花王 アタック高活性バイオEX
  • トップ ナノックス
  • LION 消臭ブルーダイヤ

衣服の素材などに合わせて使い分けてみてください。

8.まとめ

臭い対策は制汗剤など外部からの対策になりがちですが、加齢臭や体臭のトラブルは体の内面から整えていくことが大切です。

臭わない体というのは老化しにくい体のことです。逆に加齢臭や体臭が強いということは老化しやすくなっているサインでもあるのです。まずは日常生活でできることから始めて少しずつ内面をきれいに整えていきましょう。