40代女性が太る本当の原因とは

40代女性が太りやすく痩せにくい正しい原因について詳しく解説します。40代からのダイエットを成功させるには、まずそのメカニズムについて正しく知ることが大切です。

1.40代女性が太る原因とは

中年太り

あなたも40代になり「太りやすくなった」「ダイエットをしても痩せない」など中年太り、オバさん体型になっていく体に悩んでいませんか?

事実、私たちの体は40才前後から「太りやすい体」に変わっていきます。なぜならそれは老化現象の一つだからです。

老化とは加齢によって身体の機能が低下することです。身体の様々な細胞や器官が衰えて太りやすくなるのです。老化が原因だからこそ20代や30代前半の時のようなダイエットでは痩せることができないのです。

40代からのダイエットに成功し痩せてキレイな体型を作るには、老化によって太るメカニズムを正しく知ることが第一です。

2.中年太り=筋肉量減少の間違い

上記でお伝えしたように40代から太りやすくなるのは加齢による老化現象です。40代から太る原因として「年齢とともに筋肉量が減り基礎代謝が下がる」ということがよく言われます。

しかし筋肉量が減少し代謝が低下するのは老化現象の一つなだけです。太る原因はそれだけではありません。筋トレをして筋肉量を増やせば中年太りが解消されるというのは間違いです。

事実、筋トレを頑張って筋肉量が増えても望むようなダイエット効果が得られず悩んでいる人が数多くいます。また若い頃にも周りで筋肉量は全然少ないのに食べても全然太らない人っていませんでしたか?そのことからも単純に筋肉量だけが太りやすくなる原因ではないことがわかります。

3.40代女性が太る6つの原因

中年太り

40代から太りやすくなる原因を大きく6つに分けて解説します。

原因1.体内酵素量の減少

体内には酵素というものがあります。酵素の働きを簡単に言うと「食べ物の消化・吸収や細胞の再生・修復・解毒」などで、人間の全ての生命活動において酵素は必要になります。

例えば、消化・吸収は胃腸が行ないます。胃腸は消化・吸収を行なう機械になり、この機械を動かす役割が酵素なのです。酵素は消化と代謝に必要な物質です。つまり酵素がなければ消化や代謝はできません。

体内酵素量は40才を過ぎた辺りから急激に減ることが分かっています。体内酵素量が減ればその分代謝に使われる酵素量も減るので代謝が下がるわけです。40代女性が『太りやすくなった、ダイエットをしても痩せない』のは体内酵素量が減少していることも大きな原因なのです。

筋肉量を増やしても代謝を行う酵素が少なければ代謝は上がらりません。土地はある、材料もある、けど作る人間がいなければ家は建ちませんよね?土地や材料に見合う人材の数がいなければ工事もはかどりません。ダイエットも同じことなのです。酵素は体内で作られる以外に食品からも摂取できます。食事から酵素を摂取することが40代からのダイエットを成功させ体質を変えるカギとなります。

原因2.腸内環境の悪化

腸内環境

腸は栄養の吸収などの役割があるため、腸内環境はダイエットの成果や体質に大きな影響を与えます。率直に言うと腸内環境の良い人は太りにくく、腸内環境が悪い人は太りやすいのです。

腸内環境を左右するのが腸内細菌です。善玉菌とか悪玉菌といわれるものです。赤ちゃんの頃はほぼ善玉菌が占めていますが、年齢を重ねるにつれ減少していき成人ではビフィズス菌(善玉菌)の占有率が10〜20%台で、高齢者では1%未満になる人もいます。

加齢に伴い善玉菌は減っていきます。歳をとれば自然と腸内環境は悪化しやすくなります。食事も含めた生活習慣でいかに腸内細菌バランスを良好に保ち、腸内環境を悪化させないことがダイエットには重要なのです。

原因3.筋力・筋肉量の低下

加齢による筋力低下で最も顕著なのが、自分の体を支える筋力(インナーマッスルとか体幹とも呼ばれています)の低下です。この筋力が低下するとまず姿勢が悪くなります。姿勢は代謝に左右する多くのことに関わっています。

  • 体温(平熱・理想は36、7〜37℃くらい)
  • 体液の循環(血流、リンパ)
  • 筋肉量(筋力)
  • 柔軟性(関節の可動性)

姿勢が悪ければ上記のような身体は作りにくくなります。また筋肉量を増やそうと筋トレをしても不効率です。もっと言えば悪い姿勢で筋トレをすれば怪我の原因にもなりかねません。普通に考えて外を覆っている筋肉よりその屋台骨となっている骨格が重要なのはおわかりいただけると思います。姿勢悪化の主な原因は生活習慣による偏った筋肉の使い方と体幹部(インナーマッスル)の筋力低下です。

筋肉量も年齢とともに減少しやすくなります。しかしこれは生活習慣も大きく関わります。よく使っている部分の筋肉量は減りにくく、あまり使っていない部分の筋肉量は減少しやすくなります。筋肉量が減少すると基礎代謝の低下や糖代謝の低下から脂肪がつきやすい体になってしまいます。

原因4.肝機能の低下

内臓の中でもダイエットと大きく関わり合いがあるのが「肝臓・腎臓・腸」になります。(腸に関しては前出の通り)

基礎代謝の割合で見れば、肝臓は約20%、腎臓は8%とともに高い割合を占めています。筋力などと同様に内臓機能も加齢に伴い低下しやすくなります。肝臓や腎臓の機能低下は基礎代謝低下につながり、結果太りやすい状態になってしまうのです。

原因5.糖代謝の低下

糖代謝とは食事から摂取した糖をブドウ糖に変え筋肉や肝臓にグリコーゲンとして貯蔵したり、貯蔵したものを再度ブドウ糖に変えてエネルギーとして使うなどのことを言います。そして糖代謝に重要な働きをするのがインスリンです。

糖代謝の低下とは、このインスリンの分泌量が少なくなる、効きが悪くなるといった問題から糖を代謝する能力が下がってしまうことを言います。そうなるといつまでも血糖値が下がらず上がった状態になってしまいます。

特にインスリンの効きが悪くなると(インスリン感受性の低下)、血糖値を下げるためにより多くのインスリンを分泌しなければいけなくなります。そうなるとそれだけ脂肪を生成する量も増えてしまうのです。このインスリンの感受性をいかに高めるかが太らない体を作るためには重要になります。

原因6.ホルモンバランス

女性の体は40才を過ぎる頃から精神的、肉体的変化を左右する2つの大切なホルモン、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌が変化します。特にエストロゲンが減少すると体重、体型に大きく影響を与えます。

エストロゲンは食欲を抑制する働きをもっています。エストロゲンが減ると、「1.満腹ホルモンであるレプチンが減る」「2.空腹ホルモンであるグレリンが増え食欲が増大する」。また女性ホルモンが減少すると脂質の代謝が低下します。このため、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少してくる40代から内臓脂肪が増え、女性も20代や30代とは違った太り方、つまりメタボ体型のようになってくるのです。

4.40代女性の肥満消危険度チェック

あなたはいくつ当てはまりますか?太りやすくなる兆候をチェックしてみましょう。

□姿勢が悪い
□疲れやすく体が重い
□靴の外側が減りやすい
□立位前屈で地面に指がつかない
□冷え性
□よくむくむ
□肉類を多く食べている
□食事の時間がいつもバラバラ
□夕食が20時を過ぎることが多い
□食事内容はほぼ加工食品(生鮮食品が少ない)
□水を飲む量が1日1L以下
□便秘や下痢症である(なりやすい)
□体温が36、5度以下
□空腹でお腹が「グー」と鳴ることがない
□日常生活で強いストレスを感じることが多い
□ストレス発散方法が「食べる・お酒を飲む・寝る」以外に思いつかない
□体を動かすことが嫌い(苦手)
□就寝時間、起床時間が一定でない
□起床時、朝日を浴びていない
□朝はいつも食欲がない
□便やおならが異常に臭う
□汗をかきにくい

5.40代からのダイエットを成功させるには

ダイエットはやみくもに行っても効果は出ません。まずは自分の体を正しく知ることです。トレーニングや食事改善はそれからです。まずは自分の体を正しく知り太る原因を見つけましょう。

お問い合わせフォーム